がむしゃらな筋トレは遠回り、マッスルへの近道

がむしゃらな筋トレは遠回り、マッスルへの近道

筋トレというのは奥の深いもので、毎日がむしゃらにトレーニングすれば結果が出るというものではありません。

 

がむしゃらな筋トレは遠回りです。マッスルへの近道を教えましょう。

 

あまりに筋トレをハードにやりすぎると、オーバーワークになってしまい体に多くの負荷がかかり、怪我の可能性はもちろんのことですが、逆効果になってしまうこともあります。そして、筋トレをしなさすぎるのはもちろん筋肉はあまりつきません。

 

つまり、最適な筋トレを行うには適度な頻度と強度が求められています。これを正しく抑えることができれば、少ない時間であっても着実に筋肉をつけていくことができます。

 

まず、強度についてですが、一回のメニューで10回繰り返すことができるかできないかという程度が最適と言われています。例えば、腹筋100回する筋トレがありますが、無駄とは言いませんが効率はかなり悪いです。時間もかかりますしモチベーションも下がって質の悪い雑なトレーニングになってしまいます。

 

短時間で10回を本気でこなすのが、一回のメニューとしては最適なものになります。そのため、最適なメニューというのは個人によって違います。スクワット10回が限界な人もいますし20回でも楽勝と言う人もいます。自分に合わせて負荷を増やす工夫をすることが大切になってきます。筋肉量が増えてくることによってもメニューを変える必要があります。

 

そして、頻度についてですが、とりあえずは筋肉痛の間は筋トレは絶対にしてはいけません。筋肉痛というのは筋肉が切れた痛みです。それが再生する際に、以前よりも強い筋肉に生まれ変わるのが筋力増大の仕組みです。これを妨げると筋トレの意味がなくなりますし、故障の確率が上がります。

 

ですので、筋肉痛が治るために2~3日の休憩は必要です。あくまで目安なので、体を動かしてみて筋肉痛かどうか確認してからトレーニングしてください。これもその人の体調などによって変化します。

 

毎日筋トレしたいという方は、その日トレーニングする部位を決めておきましょう。今日は腕、明日は足というように毎日別の部位を鍛えることで、休憩期間を作りながら効率よくトレーニングすることができます。

 

効率よく筋トレすることで理想の体を手に入れましょう。

 

 

 

筋トレを長期的に続けるために

 

 

 

カッコいい体を手に入れようと意気込んで筋トレを始めたものの続かない。そんな人は多いでしょう。

 

 

めんどくさい、仕事で疲れて余裕がない、ハードな筋トレが辛い。一度トレーニングをやめて間を置いてしまうと、その後再びトレーニングを再開できる人は少ないでしょう。

 

 

もちろんそんな有様では筋トレの成果など期待できるものではありません。ではどうやって長期的に続けていくか、が重要になってきます。前述したように続かない理由は様々ありますが、筋トレが続かない人の多くは、自分の肉体の変化(成長)を実感できないためモチベーションが保てないのが原因だと思われます。これは筋トレに限った事ではないのですが、何事も成長を実感できないと飽きてしまうもので、逆に成長していることを実感できれば、楽しさや達成感などを得ることができ、結果モチベーションが保てるわけです。では成果を出すためにはどうするか。成果を出すためのコツとして重要な点は4つ。

 

 

まずは正しい方法で筋トレを行うことです。ジムに通ってトレーナーの人に指導してもらえれば間違いないでしょうが、自宅等で独学でトレーニングしてる人も多いでしょう。ただ回数をこなしたり、なんとなく重いものを扱ったり、なんてことはよくあります。正しいフォーム、適切な回数、適切なメニューを学ぶことが重要でしょう。2つ目は栄養摂取です。

 

 

たんぱく質は特に筋肉を作るためにはとても重要で、これを怠るとトレーニング効果が実感できないどころか逆効果にすらなる恐れが出てきます。

 

 

トレーニング直後には必ずプロテインを摂取するよう心がけると良いでしょう。3つ目は筋肉の回復期間です。よく毎日筋トレをしている、なんて人を聞いたりしますが、大きな間違いで、トレーニング後の回復(超回復)が重要で、筋肉を太くする超回復に必要な時間は48〜72時間と言われています。同じ部位の筋トレは少なくともこの超回復期間には行わないようにしましょう。最後の重要な点は、変化を目に見える形で残すことです。

 

 

毎日見ている自分の肉体の変化には気づきにくいもので、それをわかりやすい形で記録していくのです。スマホのカメラやデジカメなどで定期的に自分の肉体を撮影して記録しておくと、目に見えて体の変化がわかり、モチベーションの増加にもつながります。以上4つの点に注意してよりよい筋トレライフを形成していってください。

 

HMBサプリの摂取も忘れずに

 

https://xn--hmb-4k4b3ay2qwa5gd2539mpcod.com/